暗黒の魔神☆4
HP933
MP266
攻撃力409
防御力700
素早さ334
賢さ277
メラ半減
ヒャド無効
ギラ
バギ
イオ半減
デイン
ドルマ吸収
ザキ無効
マホトーン
マヌーサ
弱い
眠り無効
混乱
マヒ無効
息封じ

ついに実装された、SSの魔神。
レベルによって特性が追加される仕様となっており、レベル85で毎ターンリビルド+大体スカラ レベル95で偶数ラウンドに自動でマジックバリアを習得する。
実践に投入するならレベル85から。

討伐SSとしては異例のウェイト30。この性能でウェイト25だと環境を破壊しかねないので良調整と言える。

基本的な動きは当然だが味方を守ること。
・初手に息耐性+確率で体技アップの「暗黒しょうへき」+他のキャラクターでにおうだち
・「おおいかくす」でパーティーの核となるモンスターを守る
・「だいぼうぎょ」して次ターンの「おおいかくす」へ繋げる

上記3択となるが、自分と相手のパーティー次第でベストな選択が変わるため、場数をこなしていく必要がある。
守ること=勝ちに繋がっていくのがポセパと同じで例えば、超ゾーマを「おおいかくす」して自分も次のターンまで生き残れるとほぼ勝ちになる。

理由としてはターン開始時のリビルドによる超回復+コマンド「防御」による圧倒的な硬さ+マインドや状態異常で止められても超ゾーマのみがわりが剥げない特性上、超ゾーマが数ターン好き放題できるため。
更にターン経過すればするほど暗黒の魔神自身が硬くなるのと、3ターン目以降全体に強烈な体技「グランドショット」を打てるため自身もフィニッシャーになれる。
メガトンハンマーを持たせると通常攻撃だけで相手を殴り倒していけるのも強烈。

このようにはまると強力なキャラだが以下のような弱点も多い。

弱点その1 属性耐性が悪い

超魔王が流行っている昨今、ほぼパーティーには「ギラ」「バギ」「イオ」などの属性技を覚えているモンスターがおり超魔王対策ついでにこいつも対策されてしまう。
レベル95で自動でマジックバリアを覚えるまでは厳しい。

弱点その2 インヘーラーが苦手

暗黒障壁である程度対策は出来るかと思いきや、体技封じをされやすく2ターン目以降何も出来なくなる上にみがわり貫通のため、守っているモンスターまで被害を受けてしまう。
では光のはどうをと思うのだが、これも体技なので打てない。
光のはどうを積むのは行動早い系のモンスターが多く、その中でも封じ無効を持っているモンスターは稀だし、相手インヘーラーと噛み合わない。
(1ターン目はインヘーラーより早く動くのに2ターン目はインヘーラーより遅く動くため)

いてはなどの剥がしの後の暴風バギ+マインドもきつく一気にダメージを受けて落とされる可能性もある。
マジンガなどもバギに弱いため、一網打尽にされないようパーティー構成には注意。

弱点その3 ウェイトが重い

ウェイト30というのは神獣王レベルであり、同じ壁のケトスと比べられる。
メガトンハンマーを装備するとウェイトは32となり、専用装備をつけた魔王と同じ。
これらのモンスターと比べると流石に少し見劣りするため活躍するフィールドは高ウェイトや???系が多く制限に入っている時になりそう。

 

それでも強力な討伐モンスターには違いないのでしばらく見るモンスターにはなりそうである。
残りの特技枠には「はげしいじひびき」を入れたり、他の補助技を入れたり、蘇生を入れても面白そうだが自身のMPは少ないことに注意。
タネは防御に75~95であとはご自由に。